カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

GRAINPRO(グレインプロ)?って何?

ぽかぽか陽気の今日,
道を歩くだけでも
何となく
気分がいいですね♪

あぁ,
もう寒くならないといいなぁと
思ったりしてます…

さて,
麻袋にこのようなシールがついていることが多いのですが

皆様
これ,何だと思われますか?

 何やら英語文字?英語じゃない文字?

GRAINPRO
QUALITY PRESERVED HERMETICALLY

DO NOT USE HOOKS!

この中に「グレインプロ」が入ってるよ。
だから,フックを使っちゃだめだよ!

「グレインプロ」というのは
珈琲生豆を保存するのに
とても有効な手段の一つで

ここしばらく前からのことですが
麻袋の中に,緑色の大きなビニールが入っていて
その中に
珈琲生豆が入っているんです。

その緑色のビニールは
ぎゅぎゅっと口のところを
プラスティックで留められていて
はさみで頑張って切らないと
ちょっとやそっとでは開かない構造です。

グレインプロの登場で
珈琲生豆の品質保持の状態が
各段に上がりました!

そんな優秀なグレインプロなのですが,
麻袋の外からフックをかけて運ぶと
あっという間に
中のビニール(グレインプロ)に
穴が開いてしまうんです。

だから,
フックを使うな!という記載があるんです。

ところが…ですよ。
生産国の現地で,
収穫された生豆を入れているこの麻袋は,
人力で,人の手によって運ばれ,
輸送するトラックに載せられます。

30㎏もの麻袋を
人の手で運ぶんです。

私も年中,麻袋の場所を移動しているので
その袋がどれだけ重いのか
身をもって知っています。

でも,
珈琲まめ坊にある,珈琲生豆の袋を移動するだけです。

生産国では
いったい,どの位の量の珈琲豆を
人の手で運んでいるのでしょう…

とはいえ,
せっかくの「グレインプロ」が破けてしまうということは
グレインプロを使う意味がないということで,

わざわざ
手間と手数料をかけて
グレインプロを使う必要はないのでは?

といろいろな葛藤があります。

それでも,
現地から運び出す時,
輸出する船に乗せる時などは
きちんと管理されている状態だそう。

現地の状況も
出荷された珈琲豆を焙煎して,
皆様にご案内することも

両方の状況がわかるだけに
ちょっと複雑な気持ちになったりもします。

なかなか難しい問題でもありますが

ただ一つ言えること。
その国の事情が諸々ある中で
その生産国で大切に育てられ,収穫され,
日本に来てくれた珈琲豆に
心から感謝をし,

その珈琲豆の美味しさを
余すところなくお伝えしていく。

私には
そんな役目があるんです。

ラベル1枚ではありますが
いろいろなことを考えてしまった
ひとときでした。

今日もお昼の12:00~19:00,珈琲まめ坊オープンです。
お陰様で約20種類から選べるお持帰り珈琲,好評です。

====================

皆様にお楽しみいただけそうな珈琲のお話,
ちょっとしたレアな珈琲情報,
先行してのご紹介等ちょっとお得な情報,←結構ミソだったりします…
焙煎士の珈琲愛(?) 等々

毎日読んでくださる方が増えてます!(ありがとうございます!)

約1分間で読める「珈琲まめ坊便り」発信中♪
            2021.02.22(月)  今日はにゃんこの日だそうです~

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ