カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

10年越の想い

10年越しの想いが叶いました!
エチオピアからの新豆が届きました。


それはまだ,珈琲まめ坊を始める前のことです。

既に珈琲大好きだった私は,その頃はもう,いろいろな珈琲に楽しみと発見を見つけておりました。

そんな時に出合った衝撃的な珈琲…
忘れもしない,その珈琲がこのイディド村の珈琲でした。
(当時は「イディド ミスティバレー」と呼ばれておりました)

今まで経験したことのないような,とても珈琲とは思えない,香味。
それ以来,あの香味は脳みそにしっかりと焼き付いておりました。

珈琲まめ坊を始めてから,
いつかはあのイディドを自分の焙煎機で焼いてみたい。
それが夢でした。

エチオピアのナチュラル精製の珈琲は,いくつか手掛けることができました。
お客様にも好評をいただいており,
エチオピアのナチュラル精製の珈琲しか召し上がらない方もいらっしゃいます。
それほど,気持ちをぐぐっと引き付けてやまない珈琲なんです。
どれも大好きで,印象に残るものばかりです。

それは…ある日やって来ました。
「あ,イディド!」

一昨年エチオピアに行く機会に恵まれた私は,このイディド村を視察することが叶いましたが,
入荷するという確約は,その時にはできておりませんでした。
そのイディドが入ってきたではありませんか!

もう,このわくわくは止まりません。

あの時の想いそのままに,麻袋を開け生豆を取り出し,いざ焙煎!

しばらくしたら,あの懐かしい香りが~
もうどきどきは絶頂でした。

いそいそとお湯を沸かし,いそいそと豆を挽き,もったいぶって淹れたその味わいは…

妖艶さを持ちながら,華やかで豊かなコク,不思議な奥行き。

あぁ信じて待っていてよかった,と思いました。

独特の果実感が感じられる「ナチュラル精製」の珈琲は,収穫したコーヒーチェリーを天日で乾燥,発酵するという過程を経ます。

工程はとてもシンプルなのですが,欠点豆の混入や天候によるリスクなど品質の高いナチュラルを実現するためには,かなりの労力が必要とされます。

手をかけられ,愛情をかけられ,長い時間をかけてエチオピアから日本へようこそ!

多くの方に味わっていただければ嬉しいです。

   2020.03.24(火)



コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ