カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

ルワンダ コアカカ協同組合ムガンザ(中煎) 200g

美しいカセプトィラニ山に抱かれた精製所ムガンザ。 花のような香りが心地よく,上品な味わいながら 後味にはスパイスのようなアクセントを感じます。 山麓には美しい珈琲農地が点在しています。 そこで栽培された珈琲がムガンザ加工場に持ち込まれ,この山から湧き出る豊富な水で精製されています。

ルワンダ コアカカ協同組合ムガンザ(中煎) 200g

価格:

1,512円 (税抜 1,400円)

[ポイント還元 15ポイント~]
豆or粉:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

美しいカセプトィラニ山に抱かれた精製所ムガンザ。 花のような香りが心地よく,上品な味わいながら 後味にはスパイスのようなアクセントを感じます。

■ 商品仕様

製品名ルワンダ コアカカ協同組合ムガンザ(中煎) 200g
製品重量200g

コアカカ協同組合は,ルワンダ南部のフイエ郡・ニャマガベ郡に位置, この地域はナイル川の源流の1つである,ニュングエ国立公園に近く,豊かな緑と雨に恵まれた地域です。 この地域は元々珈琲栽培が盛んな地域だったのですが, 残念なことに,水洗加工場はなかったのです。 このあと,ルワンダ全土に水洗加工場が設立されていったのは,2000年代になってからです。 カラマ,キニャマカラ,ルコンド3つの村の農家が, より品質の高い珈琲を生産しようと団結し建設したのがこのカランビ水洗加工場です。 そして,このコアカカ協同組合は始まりました。 理念には「メンバー全員が高品質の珈琲を生産することで雇用を生み出し貧困を無くす事」が盛り込まれています。

ビンセントさんは16歳珈琲栽培を始め,もう50年以上珈琲と携わっている大ベテランの農家さんです。 当初50本から始まったコーヒーノキは,現在2000本近くまで増え, ルワンダの平均的な珈琲農家さんの10倍程の規模になっています。 ルワンダでは,ほとんどの珈琲農家さんにおいて, 施肥や土壌流出の防止など土壌管理が行われておらず,とてもやせた土地が多いのです。 このことは,生産量や品質双方に影響があり,大きな課題となっています。 ビンセントさんはマルチングを取り入れ,表土の流出を防ぎつつ, 有機物を散布しているため,良質な土壌を実現しています。 最初は,周りの農家さんになかなか受け入れてもらえなかったようですが, 成果を出し始めると賛同する農家さんが増え,今では単一の集落での珈琲を生産できるようになりました。 その心意気に脱帽な方です。

ページトップへ